プロレス的ワイン論

投稿日: コメントするカテゴリー: エッセイ

ブルゴーニュの場末に見いだした、ワイン界の寺西勇 相手のショルダースルーを伸身の前方宙返りでヒラリとかわし、返す刀でドロップキック…   昭和のプロレスファンなら、これが誰のことかは即座におわかりでしょう。答えはそう、「和製マットの魔術師」寺西勇であります。国際プロレスを中心にいくつもの団体を渡り歩 […]

【連載】料理研究家研究

投稿日: コメントするカテゴリー: 料理研究家研究連載

やっぱりケンタロウはすごかった。 日々、料理本のことを考えています。仕事ではもちろんのこと、趣味でもありまして。お酒を飲みながら料理本を眺めて思うこと。思ってるけど言えないことを、お酒の力を借りてつらつらと語りマス。 第一回目はケンタロウさんです。なぜ今更?と思われこと必至の、言わずと知れた大人気料 […]

【連載】酒と女と映画のヨモヤマバナシ

投稿日: コメントするカテゴリー: 連載

銀座のマダムと一人の女優に憧れ 「何かやり残していることはないか?」 36歳、独身。職業はフリーランスの文筆家。取材をして書きたいときに書き、休みたいときに休むという勝手気ままな生活を送っている。が、人生を80年とするなら、その折り返し地点に差し掛かってきたからだろうか。例えば電車の扉にもたれて、窓 […]

醤油で呑む

投稿日: コメントするカテゴリー: エッセイ

何はともあれ、食べる前に何にでも醬油をかける父は、母によくしかられていた。 ちょいとかけると呑める、のはわかる。 ノスタルジックでアットホームなのだ。 ロンドンに住んでいた頃、日本が恋しくなると醬油を使ってツマミを作った。 キンピラは、ごぼうが手に入らなかったので、 パースニップParsnip とい […]

【連載】酒場で聞いた、気になる話

投稿日: コメントするカテゴリー: 連載酒場で聞いた、気になる話

築地が大変なことになるらしい 移転したらお客が来なくなる!? 築地といえば東京の台所。それが豊洲に移転するっていうんで大変らしい。それくらいのうすーい認識だったある日の居酒屋にて。 「移転したらすごく不便になって、2年くらいでほとんど人が来なくなっちゃうんだって…」 隣の席からのこんな話を耳にした。 […]

【連載】器の色|第1回「白」

投稿日: コメントするカテゴリー: その他器の色連載

器屋をやっていてお客様からよく聞くセリフは、「器の世界は奥が深すぎて、何から揃えていいかわからない」というもの。 奥が深いのは確かですが、プロの料理人でない限り、そんなに難しく考える必要はありません。自分の目と手の感覚で好きな器を自由に選び取り、日々の食卓で使ってあげてほしいと思います。 器について […]

東京ジビエ絶品レシピ

投稿日: コメントするカテゴリー: レシピ

都内で捕まるジビエ、と言っても渋谷区に迷い込んだアライグマなどではない。 ちょっと、いやだいぶ西のほう、五日市あたりまで行くと、猟友会の皆さんが日々活躍している里山があるのだ。 そんな東京で獲れたジビエたちの、めちゃ旨レシピをご紹介しよう。 かわいいヤツは、 実は旨い。鹿ステーキ 焼く前に、30分以 […]

【連載】絶対おいしいレシピ

投稿日: コメントするカテゴリー: レシピ連載

はいからさんのカレーライス フードコーディネーターと料理本の編集者が飲みはじめると、出るのは決まってレシピの話────   最近、なんでもすぐ「簡単」って言うよね(タ)。〝簡単〟も大事ですけど、たまには手間もかけないと(佐)。 時間をかけた家庭の味を知ってる人がいなくなっちゃうよね(タ)。 そうだそ […]

【連載】酒の雫 外伝−予告特別編−

投稿日: コメントするカテゴリー: 連載

酒の雫 外伝−予告特別編− その男、名を「燗付チョー助」と言った。 むろん、本名ではない。だが、誰もがかれをそう呼んだ。 その名前には謂れがあった。彼は酒飲み──日本酒呑み──の中では知られた男だ。どんな酒を持ってしても絶妙な燗をつけた。温度で言うのなら一度刻み、いや、それだけではない。ときに、一気 […]